カテゴリ:車載工具( 5 )

車載工具

自宅でバイクをいじる時は、自宅用の工具箱の工具を使いますが、使った工具をあっちこっちに置いてしまうので、時折何処に行ったか分からなくなります。
仕方がないので、そんなときは車載の工具箱から工具を取り出して使うのですが、使った工具を自宅用の工具箱に戻してしまうことがある為に、面倒なことになります。
結果、ちょっと遠出する前は車載工具がちゃんとそろってるかいちいち確認しないといけなくなり、これがまた面倒です。
ぜんぶ自分が悪いんですけどねww

なので、確認し易いようにこんなのを作ってみました。
a0159525_9222225.jpg


これだけでは何のことか分からないですね。
こうやって使います。

a0159525_9225822.jpg


これで確認作業が楽しくなりました。

(って、工具を混ぜなければ済むだけの話なんですけどね。)
[PR]
by h_d_f_x_s | 2013-01-14 09:27 | 車載工具 | Comments(0)

ソケット(ラチェット)レンチ

ため息の数だけ幸せが逃げるなどとと言いますが、バイクは車載工具の数だけ安心が増えます。
だけど、使いも使えもしない工具をただ闇雲に携行しても仕方が無いわけで、極端な話しネジを締めることさえする気の無い人は、ドライバー1本でも積む必要が無いわけです。
すみません。分かりきったことですよね。
先日紹介した工具箱の中身をUPしていきます。
まずは、ソケットレンチです。 工具箱にギリで入ります。 これで下のプラグソケットを回せます。
a0159525_23154023.jpg


出先でエンジンが掛からないなんていう症状の時疑われるのはプラグです。 タメさんのメカ談義によると、プラグなんて安いものなんだから、とりあえず換えなさいなんて書いてあります。
なので、交換用のプラグと、それを交換するための道具は車載しなければいけません。
プラグギャップゲージは無くても良いんでしょうけど、安いし(これは150円)軽い物なのでお守り代わりです。
ちなみに僕が暗記してる適性ギャップは、0.7mm前後なんですが、こんなもんでしょ?
プラグはNGKのBP5ESです。
a0159525_2316459.jpg


プラグギャップゲージですが、ヤフーショップにも出品があります。すごいのは送料を600円取るショップがあること。 本気で売る気があるんですかね。それとも買う人がいるとか? 定形外で送ってくれれば良いのにね。
あと、プラグの熱価について。
実はよく分かって無いんですけど、僕の理解は、
 - 熱価(数字)が小さいほど逆に熱がたまりやすく、熱がたまるからカーボンがたまりにくく汚れ難い。そしてこれは低回転向け。
 - 熱価(数字)が大きいほど逆に熱がたまりにくく、熱がたまらないからカーボンがたまりやすい。そしてこれは高回転高出力向け。
ショベルのプラグに4番を使う人がいるもの分かりますね。
[PR]
by h_d_f_x_s | 2011-11-04 23:38 | 車載工具 | Comments(0)

パーツバッグと携帯パーツ

a0159525_22584372.jpg

車載というか、バイクに乗る時に持って出るパーツをこんなバックに入れてます。 
肩に斜めに掛けるんですが、 このサイズのバックを斜め掛けしているバイク乗りってときどき見かけますよね。 というか、僕が真似したんですけどww

中はこんなです。
a0159525_2305124.jpg

左上から、
イグニションコイル、 先日工具箱から移したビニールテープ、ウエス
紙やすり、 スパークプラグ、 コンデンサー、ポイント、サーキットブレーカー、 エキパイのボルト
電線、 ヘアバンド型LEDライト(夜のみ)

本当はここにレギュレーターが加わりますが、今取り寄せ中です。
[PR]
by h_d_f_x_s | 2011-10-29 23:06 | 車載工具 | Comments(0)

工具箱

工具箱は使わなくてもたまには開けて中を確認です。 雨水が入ったりしていると、工具が錆びてしまいますので。
昨日の夜、いつもはバイクのスイングアームに付けっぱなしの、工具箱を外しましたので紹介します。

ホームセンターで買った鉄製のミニ工具箱です。1,000円しなかったと思います。色はメタリックのブルーでしたが、タンクを塗ったときにあまった缶スプレーで塗りました。
a0159525_91662.jpg


中身はこんな感じです。 思ってたより汚い・・・
ビニールテープが原因です。 テープは工具箱に入れないことにします。
a0159525_923650.jpg

[PR]
by h_d_f_x_s | 2011-10-26 09:03 | 車載工具 | Comments(0)

六角レンチ: 5mm

a0159525_22281941.jpg

先日、パンクしたレギュレーターを交換しましたが、古いレギュレーターを止めていたボルトナットです。
長さも違うし、スレッドのパターンも違えば、ナットも片側だけナイロンが入ったタイプという、何ともアナーキーな組み合わせでした。最後にこのネジを締めた人間の性格が分かりますww
ちなみに、このボルトを緩める時は肉厚のソケットレンチは使えません。 レギュレーター本体に接触するんです。且つ、ロングサイズのソケットで無いといけません。良く知られた事ですが、知らない人は要注意です。せっかく予備のレギュレーターと工具を車載していても、出先で使えなくてせつないことになるかも知れません。


a0159525_22283198.jpg

ボルトの頭に入った模様。なんかカッコ良いです。 これってメーカーのロゴマーク? ビンテージネジ? 価値あるの?知識がないからな~んにも分からん。 でも雰囲気があってかっこ良いです。


a0159525_22284922.jpg

折角のかっこいいボルトですが、交換しました。 
まさかのメトリック、ソケットヘッド採用。しかもステンレスです。
サイズは6x25。ナットはゆるみ止めでナイロンナットです。 旧車が好きな方はステンレスが苦手な場合が多いですが、僕は気にしません。というか、むしろステンレス好きです。 これは、ちょっとステンレスにかかわる仕事をしているせいもあります。

このネジには5mmの六角レンチを使いますので、車載工具に5mmの六角レンチが加わりました。
[PR]
by h_d_f_x_s | 2011-05-26 22:52 | 車載工具 | Comments(0)