<   2012年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ありがとうございました。

年末は人並みに忘年会があったり、急に出張が入ったりで、ブログの更新が出来ていません。
わざわざ来ていただいた皆様どうもすみません。


新しい年も皆様が事故などにあわず、安全に楽しく二輪ライフが送れますように。
[PR]
by h_d_f_x_s | 2012-12-31 21:08 | JOURNAL | Comments(0)

クラッチワイヤー

クラッチワイヤーも交換しました。 
出先でトラブッてエライ目に合った覚えのある箇所は、ついつい早い目に交換してしまいます。
転ばぬ先のってヤツです。 ワイヤー類も安くなりましたしね。
今回買ったのはGuts Chromeのオーセンティックマーケットとかいうラインの製品です。
a0159525_07841.jpg

なんでしょう、少しだけ上のクラスを演出した商品郡とでも言えば良いんでしょうか? 僕は、この考え方、けっこう気に入ってます。
で、写真のクラッチワイヤーですが外径が7mmです。 それまで付いてたやつが8mmですので1mmだけ細くなりました。 どうも、強度を落とさず細くしたというのが売り文句です(だったと思います。たしか)。
細くすることでワイヤーの取り回しもしやすくなるので、これは良い提案だと思います。
ただはめるのにけっこう苦労しました。 ビニールカバーの長さがあと5mmほど短ければ楽にはめれるのに・・・
[PR]
by h_d_f_x_s | 2012-12-26 00:12 | MAINTENANCE, REPAIR | Comments(0)

アクセルワイヤー交換しました

折れ曲がった跡が付いてたアクセルワイヤーを交換しました。
ショベルのアクセルワイヤーハウジングでCVキャブを使う場合、アクセルワイヤーのカバー部分を切ってワイヤー長さを長くしないといけません。 (ショベル CVキャブで検索するといろいろ出てきます)
Before と After です。
a0159525_074247.jpg

少しだけすっきりしました。
[PR]
by h_d_f_x_s | 2012-12-25 00:09 | MAINTENANCE, REPAIR | Comments(0)

ダイナ用 ハンドル その3

すっかり見なくなったプルバックライザー一体型のドラッグバー。
a0159525_2395760.jpg


ちょん切ります。
a0159525_23104253.jpg


してから、先日詰めたハンドルを溶接予定です。
a0159525_23112651.jpg


形としてはまあまあなんですけど、どこかで見た感が半端じゃない。 最近のはやりだから仕方が無いんだけど、そこらに溢れてるデザインと同じ物をより低いグレードで再現してどうする? って言うのがすげえ引っかかる。
まあ良いかな。自分のバイクじゃないしww
[PR]
by h_d_f_x_s | 2012-12-22 23:15 | MY BROTHER'S DYNA | Comments(0)

ネジ

世間にはネジ一本にこだわる方もいらっしゃるようですが、僕はいまのところそんなに気にはしません。
留まってればとりあえずは良いって感じです。 特にポイントカバーなんかはそう。
a0159525_0203851.jpg

だけどさすがに2つあるネジの頭が別々というのは不便です。これはなめられますww(左側)

なので、ネジを揃えました。(右側)ってだけの、ゆるーーい話です。
[PR]
by h_d_f_x_s | 2012-12-22 00:24 | MAINTENANCE, REPAIR | Comments(0)

マニキュア

世の中いろんな物が考えられては実用化しているもんです。
ネットで買ったこれ。 ガラスのマニキュアです。 耐熱性があり、ウインカーのバルブに色を付けれます。
a0159525_164235.jpg



で、Before と After
a0159525_172150.jpg


マニキュアが500円で、定形外の送料と振込みの手数料で〆て800円弱です。
このサイズのウインカーバルブは、買うとオレンジ塗りのヤツは、透明のヤツよりも100円ほど高いので、8個塗れば元が取れます。30個ほど塗れるそうですので、2200円もお得。

って、ウインカーのバルブ30個も使いませんよね・・・
8個使うのだって、数年掛かるって話しです。 劣化しないかな。 酸化しないようにジップロックに入れとか無いと駄目ですね。
[PR]
by h_d_f_x_s | 2012-12-21 01:15 | TOOLS & CHEMICAL | Comments(0)

テールランプ

a0159525_1841554.jpg

テールランプを、汎用のルーカスから丸に換えたのは、それが似合うと思ったからなんですけど、最近は、なんかボートテールっぽくて良いんじゃね?
なんて思ってます。
a0159525_1846147.jpg

ナンバープレート曲がってますねww。 近々直します。

先頃、予備のレンズカバーも入手しました。 これで万が一割れても心配ないです。
a0159525_1848254.jpg


で、オリジナルは何の部品かと申しますと、ホンダ・ジョルノ・クレアです。
a0159525_18494359.jpg


でもポン付けというわけには行きません。
[PR]
by h_d_f_x_s | 2012-12-20 18:50 | MY BIKE | Comments(0)

ハンドグラインダー

今日の発見は目からウロコだ。

まずはこの写真。
a0159525_214341.jpg

若い人は知らないと思いますが、サンダー杉山というプロレスラーです。

じゃあ、ここで問題。 サンダー杉山のイニシャルは何でしょう?
S.S.と思った人。 残念、不正解です。 答えは、T.S.。 なぜならThunder Sugiyama だから。
Thunderは、雷のことですね。

話しは変わって、ハンドグラインダー。
a0159525_21534950.jpg

日本ではサンダーと呼ばれることが多いです。
実は私、このサンダーは和製英語だと思ってました。 金属を切る時に火花が散って、稲妻見たいに見える(見えるか?)から、そこからサンダーって呼ばれてると思ってました。

だけど、違うんですね。 sunder って英単語があるんです。 意味は『切り離す』

おおーっ。これだ。これがサンダーの由来だ。

だけど、sunderは動詞ですので、やっぱりハンドグラインダーをサンダーって呼んじゃうのは日本独自なのかも知れません。


最後にそのサンダーの写真の補足を。
最近コーナンで2個目のサンダーを買いました。 セール中で1780円だったかな。
今まで、切ると削るは一台のサンダーでいちいちブレードを換えてたんですけど、けっこう面倒でした。自作派の方のブログ等ではやはりと言うか、使い分けで2台持ってる人が多いようなので、それに倣った格好ですが、これは便利です。 これくらいの値段ならもっと早く2台体制にすればよかったです。
[PR]
by h_d_f_x_s | 2012-12-18 22:05 | TOOLS & CHEMICAL | Comments(0)

コイル その2

せっかくなんで、この機会にコイルについてお勉強しようと思っています。
少しネットを徘徊したら、さっそく少し勉強できました。 

a0159525_85612.jpg

まずはコイルの構造。 WEB上にはもっと良く出来たイラストがありますが、人様の物を勝手に転用できないので、これで勘弁して下さい。
で、端的に言うと、イグニッションをONにしたと同時に一次コイルに電気が流れ電圧が掛かります。そしてその電圧が遮断されると、誘導電圧と言うのが怒って、2次コイルに強い電圧が掛かるそうです。
(起こって を 怒って と誤変換してしまいましたが、面白いのでこのままにします。 無理からですけど、一次コイルの電圧が遮断されると、なに切っとんじゃー!って2次コイルが怒るイメージですww)
バッテリーの電圧は12Vですが、これが2万Vくらいになるそうです。 1666倍!! どんな理屈なんでしょうね。 通常の発電に応用出来ないんでしょうか? 

コイルには抵抗があります。僕は文系でしたので電気のことは良く分かりませんが、抵抗なんて言うくらいだから、要は電気の流れにブレーキを掛けて流れ難くする働きがあるんでしょう。 

ポイント式の場合、コイルの抵抗値は5Ωです。(トランジスタは3Ω。)
先日の記事で、コイルの抵抗値を測ったら4.7Ωしかなくて心配とか、またバカ丸出しの文を書きましたけど、調べたら抵抗値が少ない方が電気はたくさん流れるので強い火が飛ぶそうです。 4.7Ωは足りないどころかむしろ喜ぶべきなんでね。コイルが劣化したら抵抗値が大きくなるようで、5.7Ω以上ある時は交換すべきみたいです。俗にコイルがパンクするなんて言いますが、この時は抵抗値が50以上とかに上がるそうです。

それと、イグニッションをONにしっぱなしだと30分もするとコイルが駄目になるという理屈も分かりました。 抵抗の掛かってるところに、ずーーーっと電気が流れる状態が続くと熱が溜まるんでしょね。 きっと電気の流れを遮って、熱を逃がしてやらないと駄目なんです。

(2013.01.10追記)
JUNK MOTORのHPの掲示板にコイルについての記述を見つけました。
『イグニッションコイルの抵抗はシステムの保護が目的です。突入電流や逆流電流によるパンクの発生を防ぐ機能があるんです。ポイント式でコンデンサ-のパンクが続いて起きるようならコイルの劣化によるリ-クを疑いましょう。』
原文ママではないですが、どうもこういうことのようです。 ということは、コンデンサーのパンクが続いていた僕のバイクは、コイルとコイルにつながる配線をやり変えて正解だったってことですね。
[PR]
by h_d_f_x_s | 2012-12-18 21:39 | 受け売り&聞きかじり | Comments(0)

コイル

吞吐ダムでのトラブルでコイルを交換しましたが、結果的にコイルは原因ではなかったようです。
となると、庶民の心情としては、はずしたコイルをまた使いてえってことです。

だけど、このコイル一部が割れてしまってます。
a0159525_7503430.jpg

さすがにこうなると再使用は出来ませんね。

左側は、今回GUTS CHROMEで買った物です。生産国が書いてませんでしたが、C国なんでしょうかね。

一つ気になる事が。 テスターで抵抗値を測ったら両方とも4.7でした。
手持ちのメンテ本を見ると『5.0Ω』となってるのに足りません。
古い方はともかく、新品が4.7というのは、なかなかに不満な気分にさせてくれます。 テスター側の問題なのかな。
少し気持ち悪いんですけど。まあ良いわって、なかったことに出来るのが僕の良いところ(?)ですww。
[PR]
by h_d_f_x_s | 2012-12-16 07:58 | JOURNAL | Comments(0)